<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ポール・ヴァレリー著『精神の危機』 | main | 小倉昌男著『経営学』 >>

三木清『人生論ノート』『哲学ノート』ほか

0

    三木清著

    『人生論ノート』(新潮文庫 初版は昭和29年発行)

    『哲学ノート』『続 哲学ノート』(新潮文庫 初版は昭和32年発行)

    『哲学ノート』(中公文庫 2010年)

    『哲学入門』(岩波新書 初版は昭和40年発行)

    『パスカルにおける人間の研究』(岩波文庫 1980年)

    マックス・ヴェーバー著『職業としての政治家』(岩波文庫 1980年)

     

     政治家、官僚、その取り巻き(きっとこの中には現総理夫人も含まれるのでしょう)の言動、そして、その責任の取り方が注目されています。これは今に限ったことではありませんし、日本の政治家だけに限ったことでもありません、ましては政治家だけに限ったことでもありません。それにしてもマスコミの発達、インターネットの網の目が政治家の一挙手一投足に目が注がれているようです。ともかく自分の行動の結果に責任の取れない人、取る気のない人には退場を願うしかありません。

     

     NHkEテレ『100分de名著』で4月に取り上げられているのが、三木清の『人生論ノート』です。『人生論ノート』は三木清の著書のなかでも最もよく親しまれていと思われます。

     また、『哲学ノート』は時局・政治に関する内容が多く、『続 哲学ノート』は文学論を論じたものが多く収録されています。『哲学ノート』に収録されている「指導者論」は以前に紹介しましたが、今回は「道徳の理念」からの引用です。ここで、マックス・ウェーベルとされているのはマックス・ヴェーバーのことです。政治家は謝罪で「私の不徳と致すところ」と心にも思っていないことを言い訳としていますがそれでは「徳」とは何なんでしょうか。

     

     マックス・ウェーベルは『職業としての政治家』という講演の中で政治と倫理との関係を論じ、そのさい心情倫理と責任倫理とを区別している。心情倫理は行為における心情の純粋性を重んじ、行為の結果については問わない。しかるに責任倫理は行為の結果を問題にし、これに対して責任を負うべきものと考える。

    ウェーベルによると、すべての倫理的行為は二つの根本的に異なる格率のもとに立つことが可能である。即ちひとは彼の行為において心情倫理的立場を取ることもできるし、責任倫理的立場を取ることもできる。心情倫理的な格率のもとに自己が正しいと信じる行いをして結果を顧みないか、それとも責任倫理的な格率のもとに自己の行為の結果に対して責任を負うかということは、我々の道徳的態度において深い対立を形作っている。

     ウェーベルの責任倫理の観念は重要な意味を有し得るものである。それは従来の倫理学において結果説といわれるものの新たな評価を可能にするであろう。即ちそこでは行為の結果は単なる功利主義の立場を離れて、責任という道徳の根本概念のもとに置かれる。そしてこれは自己の行為を社会的に理解することことによって必然的となるのである。我々は社会的存在であるが故に、我々の行為の結果に対して責任を責任を負わねばならない。結果を慮るということは個人的立場において必要とされるのではなく、自己の行為の他の人々に及ばす影響を考える社会的立場において要求されるのである。人間は社会的存在として社会に対して責任を負うている。しかるに行為の結果を問わない心情倫理は社会に対して無責任になり易い。

     

     責任は道徳の根本観念である。ウェーベルの責任倫理と心情倫理の区別は、一方が責任を問題にするのに反して他方はこれを問題としないということにあるのではなく、前者が社会に対する責任を問題にするのに反して後者は自己の人格に対する責任を問題にするということにあるとかんがえねばならぬ。

     

     我々は主体として独立なもの、自立的なもの、自由なものである。かような主体は何よりも責任の主体である。我々は自己のいかなる行為の責任をも脱れ得るものではない。自己の行為の責任を他に転化することは自己の人格を放棄することである。我々は常に自己に対して責任を負うている。我々は自己の行為において良心的でなければならない。真の良心は自己の行為の動機についてのみでなく、その行為の結果についても責任を感じるであろう。結果に対する責任を除いて真の責任というものは考えられない。

    行為の結果に対して責任を負うということは単に自己の外部に対して責任を負うことではなく、また自己に対しても責任を負うことである。なぜならすべての行為は自己を形成するという意味をもっているから。自己に対して責任を有するということは自己の形成に対して責任を有するということである。

    shr-horiuchi * こんな本を読みました * 20:47 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ