<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『中庸』、パスカル『パンセ』、『アリストテレス倫理学入門』 | main | ポール・ヴァレリー著『精神の危機』 >>

石川達三著『金環蝕』

0

    石川達三著『金環蝕』(岩波現代文庫 2000年)

     

     いまさら石川達三と云っても知らない人が多いと思いますが、作家でブラジル移民集団の姿を描いた『蒼氓』で、1935年に第1回芥川賞を受賞しています。『金環蝕』は自民党政権下での九頭竜川ダム汚職事件をモデルとして、1966年に新潮社より出版され、映画化もされ当時はかなりの話題となりました。

     今、「森友」に対して破格に割安・好条件で国有地払下げをしたのではという追及に端を発した、安倍明恵総理大臣夫人の行動が話題となっています。また、歴代の総理夫人はこのような行動をしていなかったとも言われています。しかしながら、この『金環食』に書かれていることをモデルのある小説として読めば、歴代の総理夫人が全く政治に関与しなかったとは言い切れません。むしろ陰に回って、もっと悪質だったのかもしれません。

     以下『金環蝕』の「首相夫人の名刺」からの引用です。内閣官房長官の秘書の西尾秘書官と電力建設会社総裁の財部総裁とのやり取りです。電力建設会社は政府の付属で、F−川電源開発を担当する建設会社を選ぶ立場にあります。

     

     見ていると西尾秘書官は、用件を記した便箋を丁寧に四つ折りにして封筒に収め、それを内ポケットに入れた。口頭で用向きを伝えたが、財部総裁の手もとに証拠の紙片を残さないように、用心しているのかと思われた。西尾秘書官は、今度は別のポケットから紙入れを取出し、それを総裁の前に押しやりながら、「それから、これを総裁にお渡しするようとのことでした」と言った。

     財部が受け取ってみると、中に名刺が一枚入っていた。「竹田建設のこと、私からもよろしくお願い申し上げます」と書いてあり、印刷した名前は寺田峯子とあった。

     それを見ると総裁はかっと頭に血が登って来るような感じがした。寺田峯子とは、寺田総理大臣の夫人である。あの出しゃ張り女がこんなところまで口を出して来たかと思うと、財部はむらむらと腹が立った。通産大臣の信任を受けて電力建設会社の総裁となったからには、会社の業務に関する限りは何人の溶解をも許すべき筋合いはないのだ。Fー川電源開発は財部総裁の責任において建設される。そこの工事をどこの建設会社にやらせようが、外部から口出しをされる理由はどこにもないのだ。官房長官と云えども発言権はない。いわんや総理夫人などという局外者が、どんな権限を持って総裁に命令をするというのか。

     名刺には、「宜しくお願い申し上げます」と書いてあったが、財部の感情では、これは命令と受け取っていた。それだけ総理夫人という立場は強力であった。この女は官職も何も有るわけではないが、寺田総理と結婚している女であるが故に、世間は彼女の発言に譲歩する。その譲歩を計算に入れて、こうした名刺をよこしたに違いないのだ。

     「総理夫人はたびたび、こういう事をなさいますか」財部は西尾秘書官に聞いた。

    「ときどきご自分の名刺を持っていかせるという事は、あるようです。私はあまり知りませんが、たしか防衛庁長官宛にも名刺をお出だしになりました。軍需物質の納入について、宜しく頼むという様な主旨でした。総理のご郷里の商社の人から頼まれたようです。」

    総理夫人の名刺は、防衛庁長官と云えども無視するわけにはいかない。従って紹介をもらった商社から何千万、あるいは何億という献金が、献金という名の賄賂が、寺田総理に贈られたと思われる。それが総理大臣夫人の内助の功であったのだ。

    多分、星野官房長官は自分の思い付きで、総理夫人寺田峯子に会って事情を訴え、「またひとつ、名刺を書いてくださいませんか」と頼んだことだろう。何億という政治献金と結びついていると聞かされ、夫人は夫の急場を助けるために、いつものように名刺を書いたに違いない。

     

    ■同じく『金環蝕』の「一人の犠牲者」からの引用です。総理夫人と西尾秘書官とのやり取りです。

     「あなたは8月の初めに、星野官房長官のお使いで、電力建設の財部総裁に会いに行って下すったでしょう」夫人はたたみかけて来るような言い方をした。「行って下すったわね」

    「はい・・・参りました」

    「そのとき、総裁宛の私の名刺を持って行ってくださいましたね」

    「はい」

    「その事が、もし世間に知れわたったりしたら、私が非難されるばかりではなくて、総理の政治的生命にもかかわる問題だということも、お分かりの筈ですね」

    「はい」

    「それだけ解かっていらっしゃるのに、なぜあなたはあの事を世間に言いふらしたりなさったの」

    「いいえ、僕は言いふらしたりなんかしていません」

       中略

    「弁解したって駄目よ。あなたは私の顔に泥を塗って下すったのね。私だけなら我慢もします。総理の名誉は完全に傷つけられました。もしこの噂が広まって、新聞が書き立てたり、野党の方が国会で質問を提出したりしたら、あなたの責任はどういうことになるの。・・・西尾さん、どうなさるおつもり」

    「私は人事に口出しなんか致しませんからね。あなたにどうしろという事は申しませんよ。あなたご自分でお考えになって、一番適当な方法をお取りになることですわね。」

    ■結局、西尾秘書官は自殺することになります。 

    shr-horiuchi * こんな本を読みました * 21:22 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ