<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 柴田元幸翻訳『ウインドアイ』・『遁走状態』 | main | 『早稲田大学校友会・東京都23区支部大会』 >>

河合隼雄著『影の現象学』&『昔話の深層』

0

    河合隼雄著

     『影の現象学』(施策社 昭和51年)

     『昔話の深層 ユング心理学とグリム童話』(講談社α文庫)

     

     ブライアン・エヴァンソン著:柴田元幸翻訳の『ウインドアイ』『遁走状態』を読み、季刊誌『MONKEY』で村上春樹のアンデルセン文学賞受賞スピーチ「影の持つ意味」を読み、やはり河合隼雄に触れたくなりその著書『影の現象学』『昔話の深層』を読み直してみました。

     村上春樹の作品の多くは、あるいはほとんどが現実と非現実の間を彷徨うような不思議な読後感をもたらしてくれます。メタファー(隠喩)として書かれているようで、読者はみなそれぞれに自分なりの解釈ができるところが魅力なのかもしれません。

    村上春樹がユング派の心理学者である河合隼雄氏と知り合ったのがいつかは分かりませんが、『河合隼雄対談集こころの声を聴く』(新潮文庫)や『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』(新潮文庫)から判断すれば、『ねじまき鳥クロニクル』の執筆のころということになります。村上春樹のそれ以前の作品にも同様な傾向はありますが、河合隼雄氏から大きな影響を受けているのではと思われます。

     

     季刊誌『MONKEY』に掲載された村上春樹の「アンデルセン文学賞」授賞式のスピーチの一部を前回に紹介していますが、その一部がまさに河合隼雄著『影の現象学』でユングの言葉として紹介されています。以下に「第4章・影の逆説」の書き出しを引用します。

     今まで述べてきたところにおいても、影の持つ逆説性にはしばしば触れてきた。それはたとえば、影のない世界としての極楽の描写の平板さと、影の世界としての地獄の色彩的な生き生きとした描写の対比としても見ることができた。「生きた生態は、塑像として見えるためには深い影を必要とする。影がなくては、それは平板な幻影にすぎない」とユングは言っている。

     

    ■ハンス・クリスチャン・アンデルセン著・長島要一約『影』(評論社)の訳者あとがきに、以下のような文章があります。

     作者のアンデルセンがこうして影の秘密について沈黙に封印をしたことによって、かえって多様な解釈を促す結果となりました。「影」のあいまい美学、多様性戦略は、カフカの『審判』、ベケットの『ゴドーを待ちながら』をはるかに先駆けていましたし、安部公房、村上春樹もその線に遠く連なっているのです。

     

    ■河合隼雄著『影の現象学』は村上春樹の作品を理解するためにも必読書といえるかも知れません。最新作『騎士団長殺し』は、まさにこの影そのものを主題としているかのようです。以下に、『影の現象学』から引用します。

     非日常の世界から見れば、日常の世界は魂を失った堕落の世界であり、日常の世界から見ると、非日常の世界は破滅への道と見えるのである。

     

     子供は真実を見抜く力を持つが、それを語ることが及ぼす結果の恐ろしさを予見する力を持たない。子どもは自由にあらゆる世界に通じている。彼の一言によって家庭の平和は破れるが、これは起こるべくして起こったのである。

     

     見えない影の恐ろしさについて述べてきたが、われわれは影の存在を目には見ることができないときでも、それを視覚以外の感覚によって感じることがある。すなわち、聴覚、嗅覚、触覚による場合であり、それは、その存在に対する「確信」という形を取るときもある。つまり、何も感覚的には把握できないが、そこに何かが存在するという確信が持たれるのである。

     このような目には見えぬ影の侵入をこうむるとき、人は色々な幻覚にとらわれる。他人には聞こえぬ声が聞こえたり、あるいは、変な臭いがしているように感じたりする。あるいは、何かの存在が自分に触れたり、あるいはそれが背後にいることを確信したりする。人間は「目の動物」と呼ばれたりするように、視覚に頼ることが大なので、このような目には見えない影を相手にするとき、その姿を見るようにすることが重要である。姿を見ることができると、われわれにはそれに対処する方法が考え出せる。

    shr-horiuchi * こんな本を読みました * 20:47 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ