<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 島尾敏雄著『死の棘』、梯久美子著『狂うひと』 | main | ハーパー・リー著『アラバマ物語』・『さあ、見張りを立てよ』 >>

サミュエル・ハチントン『分断されるアメリカ』、マレー『階級断絶社会アメリカ』

0

    『分断されるアメリカ ナショナル・アイデンティティの危機』(集英社 2004年)

      著 者:サミュエル・ハチントン  訳者:鈴木主税

    『階級断絶社会・アメリカ 新上流と新下流の出現』(草思社 2013年)

      著 者:チャールズ・マレー  訳 者:橘明美

     

     アメリカ大統領の就任式が行われ、トランプ氏が正式に第45代大統領になりました。トランプ大統領の政策がアメリカにとってまた世界にとって吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、その「予測不可能」な政策に不安が残されていることは間違いありません。また、アメリカ合衆国内部でも、国民の間に分断、断絶が拡大することが懸念されています。

     以下はサミュエル・ハチントンの『分断されるアメリカ』からの引用ですが、原題は「Who are We?(われわれは何者なのか?)」と、アメリカのナショナル・アイデンティティの危機から発する分断について語る中で、なかなか賛成しにくいところもありますが、現状分析としてはこのような考えもあると参考になります。

     

     1990年代に、アメリカは移民と同化、多文化主義と多様性、人種間の関係とアファーマティブ・アクション、公共の場における宗教、二言語併用教育、学校及び大学のカリキュラム、学校での祈りと妊娠中絶、市民権の意味と国民性、アメリカの選挙への外圧、治外法権の行使、および国の内外にいるディアスポラの政治的役割の増加について、激しい議論を戦わせた。こうした問題のすべての根底にあるのは、ナショナル・アイデンティティの問題だ。これらのどの問題にも、そのほぼどんな立場にも、アイデンティティに関する何らかの前提が含まれているのである。

     

     アイデンティティは狭くもなり広くもなり、最も顕著なアイデンティティの範囲も、置れた状況しだいで変わる。「あなた」と「私」は、「彼ら」が登場すれば「われわれ」になる。

     

     集団の自己中心的傾向は正当化に繋がる。われわれの方法は、彼らよりも優れているという考えだ。相手のグループのメンバーも同じような過程をたどるので、相反する正当化の主張は競争へと発展する。そうなれば、われわれの方式の方が彼らよりも優れているところを示さなければならない。競争は反目を生み、最初はわずかな違いに過ぎなかったものも、より強烈で根本的な差へと広がっていく。固定観念が生まれ、対抗勢力は悪魔呼ばわりされ、他者は敵に化けるのである。

     敵の必要性は人間の社会集団のあいだで、またその内部で、争いが絶えないことの説明にはなるが、それでは争いの形態と舞台は説明されない。競争と争いは、実は同じ世界または舞台における統一体のあいだでのみ起こり得る。あるいみでは、敵はわれわれに似ていなければならないのだ。

     

     反応としてきわめて起こりやすいのは、白人男性を中心とした排他的な社会政治学上の動きが現れることだ。そのほとんどが労働者階級か中流階級であり、こうした変化と自分たちの社会・経済的な地位を低下させると考えるものに、それが正しいかどうかは別として、歯止めをかけようと試みる人々である。あるいは、移民や他国のせいで職を失い、文化が堕落し、言語を変えさせられ、国への伝統的な帰属意識を阻まれ、消失さへさせられることに抵抗する人々だ。

     そうした動きは人種面でも文化面でも発生し、反ヒスパニック、反黒人、反移民の運動となり得る。それらは過去においてやはりアメリカのアイデンティティを形作るのに役立ってきた数々の排他的人種主義、および排外的な運動の現代版となるだろう。こうした特徴を共有する社会運動や政治団体、識者の傾向、反体制派はそれぞれ異なっているが、そこにはなお「ホワイト・ネイティビズ」の枠でくくるのに充分な共通点がある。

     この呼称の「ホワイト」という言葉は、白人以外の人種がこうした運動に加わらないことを意味するのではなく、またこれらの運動が人種問題だけに特化しているという意味でもない。それらが言わんとするところは、そのメンバーは圧倒的に白人が多く、彼らが「ホワイト・アメリカン」と考えるものの保護または復活が中心的な目的である可能性が高いということだ。

     

     ナショナル・アイデンティティに影響する内政および外交政策に関する問題で、主要な機関の指導者と大衆の間に広がる差異は、階級や宗派、人種、宗教、民族による区分を超えた重大な文化フォルトラインを形成している。政府の中でも民間においても、アメリカの支配層はさまざまなかたちで、アメリカの大衆からかけ離れている。アメリカは政治的には民主主義であり続ける。なぜなら、重要な公職が自由で公正な選挙を通じて選ばれるからだ。だが、いろいろな意味でそれは選挙民を代表しない民主主義と化した。なにしろ、重要な問題では、とりわけナショナル・アイデンティティに関する問題では、指導者たちがアメリカの国民の見解とは異なる法律を通過させ、施行するからだ。それにともなって、アメリカの国民は政治と政府からますます疎外されていった。

     

     アメリカが世界となるか、世界がアメリカとなるのか。アメリカはアメリカのままなのか。世界主義か? 帝国主義か? ナショナリズムか?

    アメリカが何を選択するかが、国としての将来と、世界の将来を決めるだろう。

    shr-horiuchi * こんな本を読みました * 22:52 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ