<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< レイチェル・カーソン著『沈黙の春』&『レイチェル・カーソン』 | main | 畑村洋太郎『失敗学の法則』&西成活裕『無駄学』 >>

早稲田大学『ホームカミングデー』&『稲門祭』

0

    早稲田大学主催『ホームカミングデー』

    早稲田大学校友会主催『稲門祭』

    日 時:平成28年10月23日(日)

    場 所:早稲田大学キャンパス、大隈講堂、大隈庭園

     

     10月21日が早稲田大学の創立記念日で、毎年この前後の日曜日に、大学を卒業して15年・25年・35年・45年・50年目の校友を招待する大学主催の『ホームカミングデー』と校友会が主催する『稲門祭』が早稲田キャンパスにて開催されます。

     『ホームカミングデー』の記念式典は10時30分から11時30分まで大隈講堂にて開催されます。終了後に同じく大隈講堂にて『稲門祭』のオープニングセレモニーが行われ、引き続き「稲門音楽祭」「座談会・対談」が大隈講堂はじめいくつかの会場で一斉に行われます。

     早稲田大学校友会・東京都23区支部では毎年、大隈庭園に出店して「各区稲門会の紹介と新入会員の勧誘」と「早稲田大学校友が関係する日本各地の酒造会社から寄贈いただいた日本酒・銘酒試飲会」を行っています。今年は23区支部長区が足立稲門会となりこの2カ所の出店テントの運営管理を担当しました。

     「銘酒試飲会」では、日本各地の18の酒造会社から日本酒30本(一升瓶)を寄贈いただき、一杯200円で試飲会を行っています。収益はすべて大学生の奨学金として寄付をするということで、ホームカミングデーで参加された校友や稲門祭を楽しみに参加する校友を相手に協力をいただいております。今年は足立稲門会からも15名ほどがこの販売に協力し、4時のお祭り終了時には完売することができました。

     この大隈庭園では中央の芝生を舞台として様々なグループによるパーフォーマンスが繰り広げられます。来園者は芝生席に座り出店テントで販売されているアルコールや軽食、おつまみを飲食しながらパーフォーマンスを見物し、旧交を改めつつ会話も弾み大変な盛り上がりです。

     『稲門祭』のフィナーレは、夕闇の迫る午後5時ごろから大隈講堂前の広場に応援団のバンドが並び、応援歌「紺碧の空」をそして校歌「都の西北」の大合唱で終了となります。今回は、天気にも恵まれいつも以上に参加者が多かったようです。

     

    写真1:『ホームカミングデー』の記念式典が行われる大隈講堂

    写真2:東京都23区支部が運営する「稲門会紹介のテント」

    写真3:東京都23区支部が運営する「銘酒試飲会のテント」

        今回は足立稲門会が担当しそろいのハッピでお出迎え

    写真4:大隈庭園でのパーフォーマンス「キッズチアリーディング」

    写真5:大隈庭園でのパーフォーマンス「ハワイ民族舞踏研究会」

    写真6:鎌田薫総長が各お店に挨拶訪問され、「銘酒試飲会」にも立ち寄られました。

    写真7:大隈講堂前でのグランドフィナーレ

    shr-horiuchi * 早稲田大学・足立稲門会 * 20:44 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ