<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 二階堂奥歯著『八本脚の蝶』&池田晶子著『残酷人生論』 | main | レイチェル・カーソン著『沈黙の春』&『レイチェル・カーソン』 >>

『あだち区民まつりAーFesta2016』足立稲門会も参加

0

    『あだち区民まつりAーFesta2016』

    日 時:平成28年10月8日(土)・9日(日)10:00〜16:00

    会 場:足立区北千住 荒川河川敷・虹の広場

    主 催:足立区観光交流協会、足立区

     

     足立区の3大イベントといえば「7月の花火大会」「10月のAーFesta」「12月の光の祭典」ですが、多くの団体がイベント会場に出展参加ができて区民と直接に交流を図ることができるのはこの「あだち区民まつりAーFesta」です。「早稲田大学校友会・足立稲門会」も「慶応大学・三田会」「立教大学・立教会」「日本大学・桜門会」と共同で、それぞれの大学と校友会のPRを目的とし協力し合って出展しています。

     ここ数年は、各校友会の会員から集めた800冊ほどの古本の販売に力を入れています。今年は開催両日とも午前中は雨で来場者も少なく開店休業状態でしたが、午後からは雨も上がり少しずつですが区民の皆さんが会場に足を運んできました。それでも子供たちが楽しむような様々な企画が雨でぬかるんで中止となるなど、例年に比べると来場者数も大幅に減少していました。

     売れ残った本をまた運び出すのも大変なので、通常はどの本でも1冊100円のところ、2冊で100円、3冊で100円と投げ売り状態でも、本は興味があったり関心がなければ売れないものですね。

     9日の日曜日には、午後の雨が上がったころから「流し踊り」や「ミニSL」も再開され、来場者も少しずつ増えてきたようです。ともかくも野外の行事は成功するも残念な結果に終わるも天気次第です。

     

      会場の他のテント「メロディー竹ノ塚」でも古本販売をしていました。「メロディー竹ノ塚」は「就労継続支援B型事業所」で、障碍者の働く場となっており、寄付していただいた古本をきれいにして、アマゾン等のインターネットショッピングで販売し、利益は作業を行っている障害のある方に還元されています。常に区民の皆様にも呼びかけていますが、なかなか古本も集まらないようです。この話を聞いて、大学校友会として売れ残った古本をこの会に寄付させていただきました。

    問い合わせ:この会の運営主体は「一般社団法人 つくしの郷」です。

     電 話:03−5851−9802

     メール:melody.t@tsukushi.gr.jp

                   www.tsukushi.gr.jp

     

    写真1:「あだち区民まつりAーFesta」のパンフレット

    写真2:千住新橋からみた会場風景。手前のグランドは雨でかなりぬかるんで、ここでの「チャンバラ合戦」などの子どもイベントは両日とも中止。

    写真3・4:大学校友会の「古本販売」のテント前。来店者もちらほら。テント前はかなりのぬかるみとなっています。

    写真5:河川敷の通路では「流し踊り」

    写真6:こども広場の「ミニSL」も待ち時間なしで乗車。

    shr-horiuchi * 早稲田大学・足立稲門会 * 17:51 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ