<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日韓国交正常化50周年記念『ほほえみの御仏 〜二つの半跏思惟像〜』 | main | R・H・ロービア著『マッカーシズム』 >>

『早稲田大学校友会奨学金奨学生証授与式』

0

    『2016年度早稲田大学校友会奨学金奨学生証授与式』

    日 時:平成28年7月5日(火)18:30〜

    場 所:早稲田大学大隈記念講堂(大講堂)

    主 催:早稲田大学、早稲田大学校友会

     

     7月5日、「早稲田大学校友会奨学金奨学生証授与式」が早稲田大学大隈記念講堂にて行われました。早稲田大学校友会奨学金は校友(卒業生)が支払う校友会費(年5000円)の半額と、早稲田カードでの買い物の一部還元金を原資として給付されています。例えば、「めざせ!都の西北奨学金」の場合、一人当たり年間40万円の4年間で合計160万円の奨学金となります。

    2016年度の新規の校友会奨学金採用者数は以下の通りで、すべて給付型で返済は無用です。

      「めざせ!都の西北奨学金」奨学生  266名

      「校友会給付一般奨学生」       35名

      「安部磯雄記念奨学金」        21名

      「トップアスリート奨学金」       5名  

     

     なかでもユニークな「めざせ!都の西北奨学金」について以下にご紹介をします。

    首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)以外の国内高等学校出身者で、学業成績が優秀にも拘らず、家計の事情等で早稲田大学への進学を断念せざるを得ない受験生を対象にした奨学金です。この奨学金は入学願書の出願時に奨学金受給希望の申し込みをし、書類選考により奨学金採用候補者として認定された場合に、入学前に入学後の奨学金を予約採用する制度です。一人当たり年間40万円4年間で合計160万円の奨学金が給付されます。

      大学における多様な人材とは、外国からの留学生の数だけではなく、日本各地から早稲田を目指す学生の数が増加することで、学生自身がお互いに切磋琢磨し、より豊富になることによります。早稲田を目指そう!!

     

    「奨学生証授与式」

    早稲田大学鎌田薫総長の挨拶

    各奨学金の代表者に奨学生証授与

    代表者3名による謝辞

     

    授与式後に大隈ガーデンハウスにて「早稲田大学校友会奨学生懇親会」

     この懇親会が学生が主役のためアルコールは抜きでした。

     

    shr-horiuchi * 早稲田大学・足立稲門会 * 21:00 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ