<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 映画『帰ってきたヒトラー』&『ハンナ・アーレント』 | main | 『早稲田大学校友会奨学金奨学生証授与式』 >>

日韓国交正常化50周年記念『ほほえみの御仏 〜二つの半跏思惟像〜』

0

    日韓国交正常化50周年記念『ほほえみの御仏 ~二つの半跏思惟像~』

    期 間:平成28年6月21日〜7月10日

    会 場:東京国立博物館

    主 催:日韓半跏思惟像展示実行委員会

         (実行委員長:裏千家大宗家 千玄室、実行委員:早稲田大学総長 鎌田実)

     

    「日韓半跏思惟像展示実行委員会」によれば

     日韓国交正常化50周年を記念し、日本と韓国の代表的な国宝「半跏思惟像」が初めて、両国で二体一緒に展示する特別展が開催される運びとなり、本年5月24日から6月12日まで韓国国立中央博物館にて展示が開催されました。そして、日本では6月21日より7月10日まで東京国立博物館にて展示が開催されています。

     「半跏思惟像」とは、左足を踏み下げ、右足をそのその膝の上に組んで座り、右手を頬に添えて思案する仏像で、このような座り方を半跏といい、物思いにふける(思惟する)ことがその名の由来で、一般には「弥勒菩薩」として親しまれています。

    日本や朝鮮半島では6世紀から8世紀の間に多くの像がつくられ、そのなかには古代仏像彫刻の傑作といわれている仏像があります。奈良県中宮寺門跡に伝わる国宝の半跏思惟像はその一つで、優しく微笑む顔は多くの人が知るところです。また、韓国国立中央博物館所蔵の金銅製の半跏思惟像は、国宝78号として韓国内では広く親しまれています。

    今回の展覧会は、この二体の半跏思惟像を同時に展覧し、日本と韓国の仏像の美を堪能するまたとないチャンスとなっています。

     

    和辻哲郎著『古寺巡礼』(大正8年初 昭和21年再)

    亀井勝一郎著『大和古寺風物詩』(昭和17年初 昭和27年再)

    井上政次著『大和古寺』(昭和16年初 昭和23年再)

     既に古典的名著といってもいいようなこの3冊、いずれも中宮寺の半跏思惟像の「古拙のほほえみ(アルカイック・スマイル)」に慈悲・慈愛の心を観て感動的に書かれています。広隆寺の半跏思惟像にも触れていますが、この時代の古寺といえば京都よりも奈良に魅力を感じていたようです。

     

    写真4『原色版 国宝 上古・飛鳥・奈良』全12巻(毎日新聞社 昭和43年)より

     右側の写真 弥勒菩薩半跏像(京都市太秦 広隆寺)

     左側の写真 菩薩半跏像(伝如意輪観音) (奈良斑鳩 中宮寺)

    shr-horiuchi * こんな本を読みました * 20:47 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ