<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ノモンハン事件』 | main | アナ・クィンドレン著『母の眠り』&『幸せの扉』 >>

サエラ『歌声喫茶inピガール』

0
    東日本大震災復興支援『歌声喫茶inピガール』
    日 時:平成26年5月17日(土)15:00〜17:00
    場 所:足立区役所14階レストラン・ピガール
    主 催:あだち団塊ネット『サエラ』

     レストラン・ピガールでの「歌声喫茶」は、東日本大震災復興支援として「あの日を忘れない これからもずーっと 歌声にのせて」の横断幕を掲げて開催しています。今回も休憩時間に復興支援の募金箱を回して、皆さんから寄付をお預かりました。また皆さんにはヒマワリの種のお配りしました。

    (写真1)会場のレストラン・ピガールは14階ですが、受付が混雑するので1階のエレベータ前で受付をして、会場の準備が整うまで待機していただいていますが、皆さんは早くから来られて長い行列ができています。

    (写真2)5月12日は「民生委員・児童委員の日」で、5月12日〜18日まで「民生委員・児童委員」の活動を皆さんに知ってもらう「活動強化週間」となっており、足立区役所でも1階の庁舎ホールで様々の展示や催しが行われていました。写真は「民生委員・児童委員」のマスコットキャラクターの”ミンジー”です。

    (写真3)140人ともなるとテーブルとテーブルの間も狭くなり満員御礼状態です。

    (写真4)展望レストランですから窓も大きく冬場には天気がよければここから富士山も見られます。今日は快晴で日差しも強くブラインドを降ろしてもこの明るさです。

    (写真5)今日の『歌声喫茶』の司会・演奏メンバーです。左から司会の辻さん。この日のために準備万端。豊富な話題とユーモアで皆さんを楽しませてくれました。
    そして演奏はフルートの斎藤さん、ギターの斎藤さんと天満さん、二胡の演奏は徳さん、ピガールの開催には友情出演の素敵な男性のパーカッション。

    (写真)ピガールでの「歌声喫茶」の時には毎回20名ほどで参加してくれる「脳トレサポーターななままどの会」の皆さん。聞くところではほとんど80歳を超えているそうですが、足もしっかりしていますし、側で聞いていても元気に歌っておりました。脳トレも歌声も楽しみながら脳の活性化にはぴったりです。
    復興支援の歌ともなっている「花は咲く」では用意した黄色のボンボンを振りながら。
    最後の曲は手話を交えての「ふるさと」。2時間もあっという間で、参加された皆さんからは楽しかったとのお声もいただきました。





    shr-horiuchi * あだち「サエラ」&『歌声喫茶』 * 20:12 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ