<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『労働基準法の一部改正』 | main | 『出る杭はうたれる』 >>

『いま、なぜ非正規なのか!』

0
    シンポジウム:『いま、なぜ非正規なのか!
               女も男も自立し、誇りのもてる労働を!』
    日 時:平成21年1月27日
    場 所:労働相談情報センター 池袋事務所
    主 催:東京都労働相談情報センター

    参加者:弁護士 中野麻美
         連合・非正規対策局長 龍井葉二
         均等待遇アクション21 酒井和子

    労働者派遣法の問題点、正社員と非正規労働者の賃金等の格差の問題、母子家庭の母親の労働環境等について、それぞれの立場で現状を紹介してくれました。
    今回は、シンポジウムで配布された2枚のパンフレットからの抜粋を紹介します。

    ■均等待遇アクション21のパンフレット
     仕事の種類が違っても、仕事の価値が同じなら、正社員もパートも、さらには派遣も、そして女性も男性も、賃金は同じ!!

    1)ILO(国際労働機構)100号条約
      同一価値労働に対する男女労働者の同一報酬に関する条約。
      1951年に成立し、日本では1967年に条約を批准しています。

    2)100号条約に関する、ILOから日本への勧告内容
     ・男女同一価値労働同一報酬原則を明確に表現する規定とするために法改正の措置を取るよう、厳しく指摘しています。
     ・男女同一価値労働同一報酬原則は、男女が行う職務あるいは労働を、技能、努力、責任、あるいは労働条件といった客観的要素に基づいて比較することを必要とするので、客観的な職務評価を促進するために、日本政府がどのような措置を取ったかを報告するよう求めています。

    3)これは、同じ職場で働く男女、正規・非正規に係わらず、同じ職務にたずさわるなら同一労働同一賃金を原則とする職務給につながります。
    一方で、賃金の決定には同一能力同一賃金という職能給制度もあります。

    ■ペイ・エクイティ・コンサルティング・オフイス(PECO)の事業案内
    ペイ・エクイティ(Pay Equity)とは同一価値労働同一賃金を意味します。

    このパンフレットに職務評価の手順がフローチャートで紹介されています。
    1)職務評価とは性差、職種の違い、雇用形態の違いなどに関係なく、職務の客観的な分析と性に中立な評価によって職務の価値を数値化することです。

    2)職務評価の手順
      /μ撹床舛鬚こなう職場を選ぶ
      ⊃μ撹床舛梁仂歇圓鯀ぶ
       女性と男性、または正社員と非正社員 
      職務内容を聞き取る
       職務項目の分類と各項目についての説明
      たμ撹床前儖会をつくる
      ザ般鎧惻┰颪覆匹慮‘
      職務記述書の作成
       職務を整理・分析し、職務内容に関する記述書を作成する。
      Эμ撹床舛諒法の選定
       男女、正規・非正規に係わらず中立であること。 
      ┸μ撹床船侫.ター、評価レベルを決める
       ファクターは知識・技能、精神的・肉体的負担、責任、労働環境
      評価点を出し、職務価値一覧表を作成する
      主要職務の平均点を出して、職務評価を比較する

    ■男女間での賃金格差、正規・非正規間での賃金格差をなくさなくては、本当の意味での、ワーク・ライフ・バランスもワーク・シェアリングも成果を上げることはできません。

    今回のシンポジウムでは、どなたからもワーク・ライフ・バランスやワーク・シェアリングに関する話題が出なかったことは残念です。
    「いまの状況はそれどころではない」ということでしょうか。
    しかし不況のときこそ、『等しく豊かに、等しく貧しく』そして『等しく幸せに』について考えるチャンスだと思います。
    shr-horiuchi * 労働条件 * 20:37 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ