<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

社会保険労務士:合格から開業まで17

0
    開業から2ヶ月が経ち、やっとこの記録も「今」に追いつきました。

    合格発表から1年間に、様々なセミナー・講習会・集会に参加して、本当に多くの人との出会いがあり、不思議なご縁を持つこともできました。
    今までの人生の中で、是ほど多くの人と知り合うことができたのも初めてのことです。
    そしてセミナー・講習会の内容以上のものをその人たちからいただきました。これから社会保険労務士として、ライフステージアドバイザーとして活動していく上での貴重な財産になっていると思っております。

    開業からの2ヶ月は営業活動らしい営業活動もしないのに、あっという間に過ぎてしまいましたが、一日一日はとても充実しておりました。
    新年を迎かへ、あだち団塊ネット「サエラ」の企画した歌声喫茶も大盛況で、その余韻がまだ残っておりますが、世間では正月の3が日、成人の日を含む3連休も終わり、今日からが本格稼動のようです。
    私も、気分一新、今年は基礎作りの年にするつもりです。
    shr-horiuchi * 社会保険労務士:合格から開業まで * 23:38 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    社会保険労務士:合格から開業まで16

    0
      いよいよ開業です。

      ■開業のお知らせ
      9月1日、全国社会保険労務士連合会への登録が決まって、開業案内の葉書を、友人・知人・親戚に郵送しました。
      多くの人から、激励の手紙・メール・電話をいただきました。
      ■ホームページ・ブログ
      カナダ旅行の後、Sさんと最終打ち合わせ。
      11月1日にはスタートの準備完了
      ■業務案内のチラシ
      同じくSさんに作ってもらったA4サイズのチラシを30枚ほどプリントアウト。いつでも手渡しできます。

      ■平成18年11月1日、60歳(還暦)の誕生日に堀内社会保険労務士事務所を開設しました。

      ■自宅を事務所としていますので、昨日と変わらない日常の続きです。
      ■所属する組織
      全国社会保険労務士連合会に登録
      東京都社会保険労務士会に入会
      東京都社会保険労務士会の足立荒川支部に入会
      政治連盟に入会
      社会保険労務士稲門会に入会
      ユーキャンSRネットに入会
      あだち団塊ネット「サエラ」
      足立稲門会およびスポーツ吹き矢の会の「稲吹会」
      社交ダンスサークル

      ■こんなに多くの組織に所属していますが、60歳からの生き方の理想は
      茨木のり子さんの詩集「寄りかからず」の心境に達すればいいのですが。
      今は、椅子の背もたれに寄りかかって、このブログを書いております。
      注。正確には「寄りかからず」の寄りは、人偏に奇と書きます。
      shr-horiuchi * 社会保険労務士:合格から開業まで * 21:33 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      社会保険労務士:合格から開業まで15

      0
        いよいよ開業・・・でもその前に

        いつでも開業できる準備は整い、最後にホームページを製作してくれたSさんにお願いして、A4サイズの業務案内のチラシも作ってもらいました。

        ここで、気分転換をし英気を養うため、9月24日から10月1日までの紅葉のカナダ8日間の旅ツアーに夫婦で参加しました。
        ■初日は成田から空路トロントへ直行し、バスでナイアガラへ、ヒルトンホテルに着いてそのままライトアップされたナイアガラの滝の見学、タイミングよく打ち上げ花火も見ることができました。
        ■2日目、霧の乙女号でナイアガラの滝つぼのそばまで近づき、滝のしぶきで眼も開けられないほどでした。
        トロント見学の後、空路ケベックへ、ケベックではシャトーフロンテナックという古いお城のようなホテルに宿泊し優雅な気分に浸りました。
        ■3日目、ケベック旧市街観光の後、バスで紅葉のメープル街道と言われるローレンシャン高原へ、レステレルホテルでホテル専用の遊覧船でゆったりと湖から紅葉を楽しみました。
        ■4日目、ローレンシャン高原観光では、ゴンドラでトレンブラン山の山頂から眼下の湖と真っ盛りの紅葉を満喫しました。
        ハロウィン祭の準備でかぼちゃの飾り付けを町中で見かけ、町を散策しながら楽しむことができました。
        ■5日目、ローレンシャン高原からバスでモントリオールへ行き、市街観光の後、空路カルガリーへ、そしてバスでカナデアンロッキーへ、ここでもお城のようなホテルのバンフスプリングスに宿泊。
        ■6日目、幾つかの湖を見学。自然の色とは思えないような神秘的な色合いの湖もあります。そしてコロンビア大氷原では雪上車に乗車して、雄大な氷河を踏みしめてきました。
        カナナスキスで宿泊、大自然の中に在るホテルであたりは真っ暗闇、満天の星を見ることができました。夜空にこれほど星があふれているとは。
        ■7日目、カナデアンロッキーを後に、バスでカルガリーへ、さらに空路バンクーバーへ、そして帰国の途につきました。
        ■8日目、飛行機の中で目覚めれば、まもなく成田です。
        shr-horiuchi * 社会保険労務士:合格から開業まで * 21:35 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        社会保険労務士:合格から開業まで14

        0
          開業準備でそろえた物

          ■「登録申請の説明会」および「新規入会者オリエンテーション」の際に、東京都社会保険労務士協同組合から社会保険労務士として必要な様々な物品の紹介がありました。
          申し込みは任意ですが、以下の物を注文しました。
          会員徽章    1個 7,000円
          門標(縦型)  1個 3,000円
          事務代理者印  1個 3,500円
          委任状     1冊   400円
          提出代行者印  1個 3,500円
          付記印     1個 1,000円
          帳票類     1式 7,360円


          ■あらためて、社会保険労務士事務所の正式な名刺も作りました。
          名刺  200枚  2,400円

          ■事務所のゴム印・銀行印も作りました。
          ゴム印   5,690円
          銀行印  21,900円


          ■銀行で事務所用の通帳を作るのに、税務署の受付印のある「個人事業の開業届出書」の写しが必要とのことで、「所得税の青色申告承認申請書」と一緒に税務署に届出をしました。
          コピーはしてもらえないので、あらかじめ2部作成し2部とも受付印をもらい、1部は税務署へ提出し、1部は写しとして保管します。
          この写しを持って、銀行へ行き通帳を作りました。

          ■このほかに、ファクス機能のついた固定電話、携帯電話(夫婦で2台)も買い換えました。
          固定電話  31,650円   
          携帯電話  12,575円
           
          shr-horiuchi * 社会保険労務士:合格から開業まで * 22:00 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          社会保険労務士:合格から開業まで13

          0
            登録が確認されて間もなく、東京都社会保険労務士会から「新規入会者オリエンテーション」及び「社会保険関係事務簡略化研修会」の開催の案内が来ます。
            日 時:9月14日10:00〜12:40
            場 所:東京都社会保険労務士会館
            ■新規入会者オリエンテーション
            社会保険労務士業務は関係諸法令に精通し、これを誠実に遵守しなければならず、また実務においても公正、信義を要請されることから、業務及び倫理を中心とした内容となっております。
            資料として、社会保険労務士法の抜粋、社会保険労務士倫理綱領、東京都社会保険労務士会則、新規入会者研修資料等が配布されます。
            そのほかに、政治連盟、電子認証サービス、各種研修会への参加義務、自主研究会グループ一覧、支部組織の説明。
            ■社会保険関係事務簡略化研修会
            これは社会保険労務士として事務簡略化措置を受けるための所定の研修で、研修終了後「研修受講者名簿」を作成して、東京社会保険事務局に提出されます。
            それと同時に、自身で研修会受講後に「社会保険関係事務簡略化申出書」に所属支部長の承認印を受け、事務所を管轄する社会保険事務所の適用課に提出します。
            名簿と申出書を確認し、東京社会保険事務局より承認番号が通知されます。

            事務簡略化措置を受けることで、申請書等に添付すべき書類の一部を社会保険労務士が確認することで省略することが認められます。

            ■各社会保険労務士会のもとに支部組織があります。
            支部への入会は任意のようですが、最も身近な組織であり交流を深め、頼りになる存在でもあるので入会しました。
            支部長にも訪問して挨拶をし、支部の事情をお聞きしました。
            「事務簡略化申出書」には支部長の承認印が必要です。
            支部拠出金(年間)月割りで7,000円(9月から翌3月分) 
            shr-horiuchi * 社会保険労務士:合格から開業まで * 22:07 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            社会保険労務士:合格から開業まで12

            0
              社会保険労務士の登録申請について

              ■全国社会保険労務士連合会への「登録申請書」は、開業、勤務の区分により、各都道府県社会保険労務士会へ「社労士会への入会届け」と一緒に提出することになっております。
              登録申請書は、労働社会保険諸法令関係事務従事期間証明書と一緒に資格試験合格時の封書に同封されています。
              各社労士会への入会届けは事務指定講習の終了時に貰っています。
              ■登録申請は登録・入会の説明もあるので随時では無く、毎月、日にち指定して受付をしています。
              私は、事務指定講習受講後で一番早い8月11日に登録申請をしました。
              審査等の手続きがあり、登録は9月1日となります。
              ■全国社会保険労務士連合会への登録に必要な関係書類と費用
              1)社会保険労務士登録申請書
              2)社会保険労務士試験合格証書の写し
              3)2年以上の従事期間証明書、または事務指定講習修了証の写し
              4)住民票
              5)顔写真
              6)登録免許税 30,000円の収入印紙
              7)登録手数料 30,000円
              ■東京都社会保険労務士会への入会届に必要な関係書類
              1)入会届
              2)会則等遵守誓約書
              3)入会金 50,000円
              4)年会費 96,000円 但し月割りで56,000円 (9月から翌3月分)
              5)郵便振替払込票兼受領書のコピー(入会金・会費等は当日ではなく事前に振込みをしておきます)
              ■社会保険労務士証票は登録後の9月中旬に証票ケースとともに送付されます。
              ■政治連盟への入会
              政治連盟の年会費 6,000円(入会は任意) 
              ■これで、いつでも社会保険労務士として事務所を構えることができます。
              結局、受験・合格から登録・開業まで早くて1年が経過します。
              shr-horiuchi * 社会保険労務士:合格から開業まで * 21:38 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              社会保険労務士:合格から開業まで11

              0
                面接指導課程

                ■講義は午前3時間、昼食をはさんで午後3時間で、それぞれ講義の間に10分ほどの休憩があります。
                講師は8教科を8人のベテランの社会保険労務士の先生方が担当され、基本的に質問は休憩時間か講義終了後に時間をとってあります。
                ■講義はレジュメの沿って進められますが、時々脱線をしたり、各先生方が実務において経験されたことを話されたりで、むしろその話の方が面白くためになったと思っています。
                ■参加者は大部分は前年度の資格試験の合格者で、この会場で初めて顔を合わせることになりますが、中には、受験勉強の時に同じ予備校で学ばれて、既にグループを組まれている方もいるようです。
                また、席は自由ですが、皆さん何となく4日間同じ席に座って、周囲の方と意気投合する事もあるようです。
                ■ここで名刺について
                お互いで自己紹介する時の名詞ですが、会社勤めの方はその会社の名刺を出していますが、そうでない方は正式に社会保険労務士の名刺は作れないので、いろいろ工夫をしています。
                1)社会保険労務士(資格試験に合格)
                2)社会保険・労働保険・人事労務コンサルタント
                などです。
                名刺代 200枚  3,600円
                ■4日間目の受講終了後に修了証が交付され、16:45頃に終了です。
                全国社会保険労務士連合会への登録申請書は、都道府県の社会保険労務士会への入会届けと同時に受け付けますので、帰りに東京都社会保険労務士への入会届けの書類を受け取りました。
                東京都以外から来ている方は、帰られてから入会する県の社会保険労務士会で入会届けをもらう事になります。
                申請については次回
                shr-horiuchi * 社会保険労務士:合格から開業まで * 17:32 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                社会保険労務士:合格から開業まで10

                0
                  事務指定講習「面接指導課程の受講」

                  ■面接指導課程の受講についての通知が6月の下旬に送られてきます。
                  内容は受講にあたっての携行品と注意事項と日程・時間割そして受講地・会場の案内です。
                  1)携行品
                  受講者証(受講票4日分付)・・・通信指導課程の時に送付されています。
                  通信指導課程の教材・・・・・・・・適用編・給付編・記載例の3冊

                  2)注意事項
                  面接指導課程を1教科でも欠席した場合は、終了証は交付されません。
                  遅刻、早退、講義中の退席も、終了証を交付しない場合があります。
                  その他の注意事項

                  3)日程・時間割: 午前( 9:30〜12:30)
                              午後(13:30〜16:30)
                  7月24日 午前:労働基準法・安全衛生法 午後:労災保険法 
                  7月25日 午前:雇用保険法          午後:労働保険徴収法
                  7月26日 午前:健康保健法          午後:厚生年金保険法
                  7月27日 午前:国民年金法          午後:年金裁定請求等の手続き

                  4)受講地・会場
                  私の場合は新宿のフィオーレ東京

                  ■初日は開講説明があるので9:20までに着席。
                  席は決まっていませんので、自由に座れます。
                  受付にて、毎日、その日分の受講票を提出します。
                  初日に受付にて面接指導課程用の配布物が渡されます。
                  配布物は8回の講義用のレジュメ8冊です。

                  面接指導課程は、1対1の面接ではなく、普通の講義形式で行われます。
                  面接指導の文字に勘違いをしていました。
                  以下次回
                  shr-horiuchi * 社会保険労務士:合格から開業まで * 20:24 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  社会保険労務士:合格から開業まで9

                  0
                    社会保険労務士の資格をどのように活かすかを模索する中で、視野を広げ、人脈を広げる目的もあって社会保険労務士の仕事とは直接は関係のない各種セミナーにも参加しました。
                    その理由は、
                    若くして社会保険労務士として独立開業する人は、まず日々の生活の糧を得る手段としての仕事であるとともに事務所を大きく発展させる意欲を持って精力的に活動すると思います。
                    また既に開業し実績を積んで60歳になる社会保険労務士は、顧客を抱えて安定した地位を獲得していると思います。
                    では60歳から社会保険労務士としてまったく基盤も無く0から開業する時、同じように仕事をするのでは若さの行動力、年季を重ねた熟練には太刀打ちできないと考えて独自性を出すにはどのようなスタイルをとるべきか、それを見つけるためのセミナー参加でもありました。
                    そんな時に、足立区団塊世代の地域回帰推進事業である「団塊世代のための地域ライフをいきいき楽しむ情報満載講座」を知り、さっそく申し込みをしました。
                    主旨は、2007年から定年退職をむかえる大量の団塊世代がいかに地域社会にデビューし地域活動に参加していくか、または趣味・娯楽にいかにアクティブに生活を楽しむかを週末を利用した10回ぐらいの連続講座です。
                    内容は、健康、外見力向上、旅行、資格取得、資産活用、地域貢献、NPO活動と多様で、最終回でネットワーク作りのための交流会が持たれ、そこから有志が集まってあだち団塊ネット「サエラ」を立ち上げました。
                    「サエラ」についてはこのブログのカテゴリーに有ります。
                    「サエラ」のブログも有ります。http://adachidankai.blog81.fc2.com

                    セミナーの内容について夫婦で話し合いをしながら、少しずつこれから取るべき方向性が見えてきました。
                    夫婦二人の社会保険労務士と助産師の資格を活かすために、妊娠・出産・育児から老後の年金・介護まで様々な人生の節目(ライフステージ)での良きアドバイザーとしての活動をライフステージアドバイザーと名づけました。
                    社会保険労務士とライフステージアドバイザー。ここから地域の中で少しでもお役に立てればと考えております。
                    shr-horiuchi * 社会保険労務士:合格から開業まで * 18:09 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    社会保険労務士:合格から開業まで8

                    0
                      セミナー・研修会への参加
                      通信指導課程の期間に、そしてその後も、多くのセミナーに参加しました。
                      まずは情報の収集として社会保険労務士が関係する行政機関である、社会保険事務所、労働基準監督署、ハローワーク、労働相談情報センターさらには区役所、保健所から商工会議所まで足を運び、そこで発行している刊行物を揃えてみました。
                      どれもテーマに沿って法改正や最新の内容が一般向けに分かりやすく紹介し、時には図解入りで解説しているのでとても参考になります。
                      また各種セミナーや説明会を企画しているので、そのセミナーや説明会の案内チラシを見て、興味があるセミナーに参加しました。
                      特に労働相談情報センターの労働セミナーは企業の人事労務管理者を対象としていますが社会保険労務士にとっても必要な実務に役立つ内容となっております。
                      実際、セミナーに参加すると企業の人事労務管理者に混じって、社会保険労務士らしき方も多く聴きに来ているようです。
                      講師も大学の教授、弁護士そして社会保険労務士と多彩でセミナーで配布されるレジメも後々、役立つ内容となっております。
                      また都や区が発行する情報紙そして一般紙にも様々なセミナーが紹介されています。
                      その中で参加して良かったセミナーを紹介します。
                      内閣府・高齢社会NGO連携協議会が主催する「高齢社会研究セミナー」と全国公私病院連盟の主催する「国民の健康会議」です。
                      ともにこれからの少子高齢化社会のあり方について考えさせられました。
                      もう一つが足立区が主催する足立区団塊世代の地域回帰推進事業の「地域ライフをいきいき楽しむ情報満載講座」で、これは週末を利用した11回にわたる連続の講座です。
                      この講座については次回詳しく紹介します。
                      shr-horiuchi * 社会保険労務士:合格から開業まで * 20:46 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ